銀座の交通会館にドイフォトギャラリーがあり、そこで展覧会をやりました。ドイの那須川さんに「写真展やりません?」と声を掛けられてから、企画を考えたのです。写真道場のお客さんや知り合いに声を掛け、「泣き顔」を撮らせていただきました。写真展を見に来てくださったお客さんの反応で面白かったのは、どう見ても子育てに関心がなかったろう中高年男性に限って、「かわいそう」といった反応が大きかったことです。とかく子育て中の母親は子供が泣くとその対応に追われるので、「泣き顔もかわいいし、撮っておけばよかったわぁ」と仰るのですが。