1993年の設立時に、自分で彫ったのです。材木は父親に頼んで愛媛から送ってもらいました。こちらで購入するより破格ですからね。

初めてのことでしたので、図書館で文字彫刻の本を借りて書かれているまま。半紙に筆で文字を書き、反転させて、フエキのりで材木に貼り付け、乾いてから、ノミでこつこつ彫りました。なんだかんだで1週間くらいかかりました。文字の黒、落款の赤は顔料を膠に溶いて塗っています。金色の落款は、もちろん金箔。

さてはて、これを作って今年で24年目。来年、写真道場は25周年を迎えます。

 

5年に一度やるかやらないかくらいの頻度で、本当に気が向いた時に、看板を降ろしてニス塗りをするのです。定期的にやっているわけでもなく、本当になんとなく。それが昨日のこと。朝、武蔵中原のナイトウ金物店に行ってニスを買ってきました。

天気予報は夕立というかゲリラ豪雨を告げていたのですが、朝っぱらから天気が良かったので、やっちゃぇってことで。

看板を降ろしてニス塗りをしている間に、あれよあれよと曇ってきて、大田区の方を見ると真っ黒な雲が垂れ込めているわけですよ。天気予報通りあっちは大雨。しかし不思議とこちらは晴れてきたりして・・・。ちょっと生乾きと思いつつも、さっさと看板を掛け直して一段落、と思った途端に、こちらも大雨になりました。

ぎりぎりセーフ。

ま、我が人生そんな感じですけどねぇ。