windows7を10に

親指シフトキーボードのノートPC、LIFEBOOK E741/D を使っているのですが、これをwindows10にし、親指シフトキーボードを使えるようにするまでのプロセスをまとめます。

windows7を10にするのは、マイクロソフト社から公開されているアップデータを使います。下をクリックすればリンク先にいきます。

マシンの都合なのかどうかは判然としませんが、「今すぐアップグレード」では上手くいきませんで、ちょっと下の「ツールを今すぐダウンロード」から、「このツールを使用して、別のPCにWindows10をインストールするためにインストールメディア・・・・」を使い、USBにアップデータを入れて作業をしました。

後は、ダウンロードしたファイルの実行ファイルをダブルくりッして指定どおりで完了。

ただ、Windows10にしたら、必ずwindowsのアップデートを実施しておくべきだそうです。japanistの設定がちゃんとできないみたい。

 

japanist2003をアップデート

本当は、新しい製品であるjapanist10を使った方がいいのですが、ここでは従来のjapanist2003をwin10用にアップデートします。ダウンロードサイトは下の画像から。後で紹介する親指シフトキーボードのドライバもここからダウンロードできます。

このページにある「Japanisrt2003アップデート本体」から「U013.zip」をダウンロードします。これを解凍すると、フォルダの中に下記が入っています。

この中の「UPDATEx64.exe」を実行すればアップデート完了。32ビットマシンは「UPDATEx86.exe」を使います。

 

 

キーボードドライバのアップデート

japanistのアップデータがある少し下に「Japanistバージョン共通(セキュリティパッチ、キーボードドライバなど)があり、ここから、キーボードドライバをダウンロードします。

 

ここにある「kbdrv_win10.exe」をダウンロードします。解凍すると、下記のような内容。

この実行ファイルは何のためにあるのか、よくわかりませんが、アップデートの方法やアップデータは「Driver」フォルダの中にあります。

この中の「Windows10」の中にアップデータがあります。手続きは、kb611.htmlなどを参考に、デバイスマネージャ⇒キーボード⇒ドライバの更新 と進めます。

「Windows10」フォルダの中には、「NOTE」フォルダ⇒LIFEBOOK親指シフトモデル、「OYAYUBI」フォルダ⇒KB-613(KB-611も使えました)用のドライバが入っています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です