1.オークション用に撮る

1.オークション用に撮る 1. ごあいさつ 2. 小物を撮る 3. カメラを撮る 4. 服を撮る 1. ごあいさつ オークションサイトでは写真の良し悪しが、品物の価値だけでなく、販売している人の信用にも影響します。だからこそ余計に、難しく感じられ、どのように撮影したらよいか戸惑うわけです。ここでは、できる限り特殊なテクニックを使わない簡単な撮影方法で、とりあえず見た目のよいイメージにする方法を紹介します。ここに紹介した内容を基礎として、さまざまに応用していただきたいと思います。 2.小物を撮る  光沢が少なく、ガラスやプラスチックのような透明感のない小物なら、基本的なポイントさえしっかり押さえるだけで、わりあい簡単に見栄えのよい写真を撮影できます。最も大切なのは、カメラを三脚などにしっかり固定し、スピードライトを発光させないで、室内照明や...
詳しく知る

2.春を撮る

2.春を撮る 1. ごあいさつ 2. 桜を撮る 3. 入園入学を撮る 4. ID写真を撮る 1. ごあいさつ  春の写真の代表として、「桜」「入園入学」「ID写真」を撮る方法を紹介します。いずれも日本の春をイメージする風物ですが、ちょっとしたポイントを覚えておけば、意外なほど簡単にちゃんとした写真を撮影できます。ぜひお役立てください。桜の撮り方は花や風景に、入園入学は子供写真全般に、ID用の顔写真は室内での人物撮影の基本としても、それぞれ応用可能です。 2.桜を撮る  日本の春といえば、何をさておいても桜です。そして私たちが桜という言葉からイメージする色は薄いピンクです。このため桜を写した写真といえば、そこに写っている花びらがどんな色でも、薄いピンクをした桜として伝わります。しかしできれば、見た目に近い、あるいは見た目よりもきれいな色で...
詳しく知る

3.料理を撮る

3.料理を撮る 1. ごあいさつ 2. 和食を撮る 3. 和菓子を撮る 4. 洋菓子を撮る 1. ごあいさつ  和食、和菓子、洋菓子(ケーキ)を例にして、料理の撮り方を紹介します。写真は、平面の画像に過ぎませんから、当然のことながら味も匂いも写りません。しかし、美味しそうに感じる写真とそうでない写真があることも確かです。これらの違いの原因を考えれば、美味しそうに撮るための秘訣がわかるはずです。答えは意外なところにありました。料理撮影のテクニックをご紹介しましょう。 2.和食を撮る  料理は、いくら高価でも美味でも、食べてしまえばなくなります。だからでしょうか、「写真として残したい」「ブログなどで人に伝えたい」といった欲求がつのります。かといって料理写真のプロのような手間はなかなか掛けられません。例えば天ぷらをサクサクっと美味しそう...
詳しく知る

4.夏を撮る

4.夏を撮る 1. ごあいさつ 2. 昆虫を撮る 3. 花火を撮る 4. トリック写真を撮る 1. ごあいさつ  夏といえば、夏休み。日本の子供のたちにとって夏休みといえば、昆虫採集に花火、そしてオバケ(?)・・・といったわけで今回は、この夏私が撮影した昆虫、花火、トリック写真の撮り方ご紹介します。 2.昆虫を撮る  クワガタ虫を、屋内で撮影するための方法を紹介します。うっそうとした森の中など、光の条件がよくない場所での撮影にもそのまま応用できるはずです。  このように昆虫などを撮影する場合には、まず昆虫の性質や特徴をしっかり調べておきましょう。 ありがちな失敗写真の原因を考えましょう。 <01>ありがちな失敗写真です。何が悪かったのでしょう。 <02>図鑑にでも載っていそうな写真になりました。何を変えた...
詳しく知る

5.小さな物を撮る

5.小さな物を撮る 1. ごあいさつ 2. ピントを合わせる 3. 形をきれいに写す 4. 質感を表現する 1. ごあいさつ 小さな物を画面一杯に撮影する事を、接写とかマクロ撮影といいます。通常の撮影に比べると、ピントが合いにくく、ブレ易く、形や質感がきれいに写らないなど、意外に難しいのが特徴です。だからこそ、ちゃんと写せるようになるだけで、写真の面白さがグンと広がります。今回は、小さな物をきれいに撮影するための基本を一通り紹介します。 フィルム一眼レフ入門 第4 回目 「ピント」って何だろう ? [3. もっと近づきたい ! 接写の方法] 2.ピントを合わせる。 小さな物に近づいて写真を撮影しようとすると、ピントが合わないことをよく経験します。コンパクトデジカメであれば「花のアイコン」で表示されているマクロ撮影モード...
詳しく知る

6.ポートレートを撮る

6.ポートレートを撮る 1. ごあいさつ 2. 背景を選ぶ 3. ズームと絞りを調整する 4. カメラアングルの考え方 1. ごあいさつ 家族や友人などの身近な人を、雑誌や広告などに見るポートレートのようなイメージで撮影するためのコツを紹介しましょう。撮影時にほんのちょっとしたことを意識するだけで、ずいぶん印象のよいポートレートが撮影できます。ぜひ、恥ずかしがらずに、モデルやカメラマンを演じてみてください。 2.背景を選ぶ  人物を撮影する時、どこで撮影するか? は大切なことです。都会のど真ん中で撮るのと、緑豊かな公園で撮影するのとでは、気分が違うという以上に、背景に写るものによって、人物の印象ががらりと変わるのです。背景に何が写っているかということをしっかり見ながら撮影するのが第一のコツです。 ありがちな失敗の原因を考え...
詳しく知る

7.冬を撮る

7.冬を撮る 1. ごあいさつ 2. 撮影の準備をする 3. 雪を撮る 4. 振り袖を撮る 1. ごあいさつ カメラや電池、メモリカードなどの電子機器は寒さに対してデリケートです。 特に気温が零下になるような場合には十分な寒さ対策が必要となります。今回は冬の撮影術についてご紹介しましょう。そして、初春の日本の行事といえば成人式ということで、振り袖の撮り方のポイントも紹介します。 2.撮影の準備をする  カメラやメモリカードなどの使用説明書の仕様欄には、その機器の「使用温度」や「動作温度」が記されています。ニコンDシリーズのデジタル一眼レフは、0〜40℃となっています。つまり、0℃以下の状況での保証はできません、ということです。  これは私見ですが、0℃以下では使えないということではなく、零下でもたいてい使えることが多いです。ちな...
詳しく知る

8.夜を撮る

8.夜を撮る 1. ごあいさつ 2. 夜景を明るく撮る 3. 夜に人物を撮る 4. ノイズの知識 1. ごあいさつ 夜の撮影は暗いので難しいと考えられがちです。事実、きらびやかな夜景を撮影したのに、なぜか真っ暗な写真になることも少なくありません。原因は何でしょうか? きれいな夜景を撮るコツはどんなものでしょうか? 2.夜景を明るく撮る。  きらびやかな夜景が暗く写ってしまう原因は、夜景が暗いせいではありません。きらびやかな光が明るいために、カメラはそこに強い光が当たっていると認識するため、写真の明るさを抑えて暗くしてしまうのです。フラッシュを光らせても、夜景は非常に遠いので、全く効果はありません。  夜景を明るく写すには、露出補正機能を使います。この機能を使うためには、カメラの露出(撮影)モードを、AUTOやイメージプログラムで...
詳しく知る

9.秋を撮る

9.秋を撮る 1. ごあいさつ 2. レンズを変えて紅葉を撮る 3. 紅葉を自在に表現する 4. 色を鮮やかに写す 1. ごあいさつ 紅葉は、多くの日本人が写真に撮りたいと思う代表的な風景です。風光明媚な秋の観光地に行けば、カメラを持った人々でごったがいしています。秋の風物というと、決して紅葉だけではないのですが、少しでも思い通りの紅葉を撮影していただくためのアイデアを紹介しましょう。(作例撮影・村田哲也) 2.レンズを変えて紅葉を撮る。 「あ、この景色いいな!」と思ったら、とりあえずその場所に立ち止まり、しっかりカメラを構えて撮影しましょう。これだけで、ブレのないシャープな写真が撮影できます。ゆっくり立ち止まれるなら、フレーミングを変えたり、レンズのズーム機能や交換レンズを使ってみます。このちょっとした手間をかけるだけで、一味...
詳しく知る